2017年11月20日 (月)

弾けない・・・・

昨日も今日も。

弾けません。

今日も真冬日でした。まだ11月なんですが。

家の中は、ストーブガンガン焚いてます。

必然的に湿度が。。。

Cimg8661

ということで、ケースからギターを出すのも難しく。

いや、加湿器もフル回転してます。2台で。

にもかかわらず、湿度がこれ以上上がりません。

40パーセントでは、やはり不安。

実は、昨冬は3台でした。

が、2台が老朽化で壊れまして。

1台買ったのですが、やはり足りません。それで、今日、もう1台注文しました。

それが届くまでは無理かも。。。

私は、45パーセントあれば弾いています。

皆さんは、どの程度の湿度で弾くようにしていますか。

2017年11月10日 (金)

消耗品

いつものことながら。

Cimg8577

消耗品ですね。

私が使っているのはTHINですから、余計に。それ以上の堅さだと、どうも使いにくくて。

あ、おにぎり型もときどき使います。おにぎり型の場合は、どの角でも使えますので、経済的?かもしれません。

こちらも昇天しました。

Cimg8598

サムピック。左は新品です。

結構磨り減ります。ここまで減ると、空振りが多くなりますね。

別の角度から。

Cimg8588

もう一つ。

Cimg8595

金属製のフィンガーピックも、3個のうち1個に亀裂が入りつつあります。そろそろ交換時期です。

皆さんは、消耗品の在庫、大丈夫ですか。

2017年11月 7日 (火)

こんなの買いました

ギタースタンド。

こんなの買ってみました。

Cimg8578

Cooperstand Ecco-Gというやつです。

ABS樹脂製なので、軽くて便利そう。

定価的には7,000円近くするのですが、中古品ということで激安でした。

正面から。

Cimg8580

側面。

Cimg8581

こちらは背面。

Cimg8582

シンブルな形ですが、構造はけっこう複雑です。

背もたれがないので不安ですが、、、、。

Cimg8520

ホールド感は、

Cimg8521

なかなかの物です。

持ち運びに便利なので、ライブで活躍しそうです。

皆さんも、一つどうですか。

2017年11月 6日 (月)

実はこちらも・・・

こちらも、と言っても、9月のことですけどね。

Cimg8462

密かに弦を交換していました。

張ったのは、この弦。

Cimg8461

いや、選んだわけではありません。「たまたまあった」だけのこと。

なぜあったのかは分かりませんが、あったのなら使わないと。というだけのこと。

blog更新サボってましたからね。写真は撮っておきましたが、そのままでした。

Cimg8202

ということで、一気に公開。(笑)

惚れ惚れするサドル高。

Cimg8204

それでいて、この弦高。

Cimg8203

申し分なし。

もちろん、今日はGuild D44M。

相変わらずのミス続出なれど、音色には満足。

「岬めぐり」はGuild D44Mが一番かな。。。

2017年11月 5日 (日)

YAMAHA L-15 弦交換

まあ、「サヨナラ候補」ではありますが。

希少種ですから、なかなか決断には至りませんね。

急ぐこともないかな、と。

そんな気持ちを知ってか知らずか、弦が「プッツン」と。

前回と同じ写真ですが、

Cimg8573

しかも、4弦。

ダラーン。

Cimg8574

べろーん。

Cimg8575

てなことで、こんなことに。

Cimg8628

いつ以来でしょうか。

Cimg8629

根元が赤いですね。Martinのマーキス弦です。

本当は、根元のシルク巻きは好きではありませんが。。。たまたまあるので使わないともったいない。。

L-15のペグは、TM-50ということですが、、、。

Cimg8636

この形、独特ですよね。

MADE IN JAPAN。メーカーはどこなのでしょうか。YAMAHAが直接作ったのか、それとも「世界のゴトー」でしょうか。

ただ、ストリングポストが低いんですよね。

Cimg8632

日本人に合ってるんですかね。。(笑)

2017年11月 4日 (土)

あの素晴しい愛をもう一度 Guild G-312std(2012)

今日は、この冬初積雪。

Cimg8617

いよいよこんな季節になりました。

さて、風の又三郞さんに刺激され。

腕は足下にも及びませんが、撮ってみました。

朝取り卵ならぬ「朝録り動画」。

練習なしの一発録画です。

何故練習なしかといいますと、とにかく疲れるんです、「あの素晴しい愛をもう一度」は。

練習したら、それで終わってしまって本番がなくなっちゃうんですね。

3番を弾く頃はもうヘトヘト。右手は気力と根性だけで動かしています。

ということで、ご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=grC-TqVQg-A

これでもか! というぐらい下手くそです。。。

でも、Guild G-312stdの音は、ウットリしてしまうほど良いです!

また製造後5年ですが、最近、ますます良くなってきました。

Cimg8523

2017年10月28日 (土)

やっちゃった・・・×2

●「やっちゃった」その1

まあ、「弦を切っちゃった」わけです。

Cimg8541

3月19日に貰い物のElixirブロンズ弦に張り替えてから、およそ7か月。

Cimg8543

一番細い弦ですね。プレーンの.008です。

コーティング弦ですから、弦自体はまだまだ持ちそうでしたが、切れてしまってはどうにもなりません。

半年程度でしたら、弾いた後にきちんと拭けばコーティング弦でなくても十分持ちます。ということは、値段の高いコーティング弦は、コスト的に「???」ですね。

それはともかくとして。

今回改めて気付いたこと。

Cimg8546

サウンドホールから、ブレーシングがこんなに見えています。

これって、Martinで言うところのフォワード・シフテッド?

他のギターと比べて、明らかに違いがあります。

うーむ。今頃気付くとは。。。

●「やっちゃった」その2

ということで、弦交換。

今回は、こんな組み合わせにしました。

Cimg8606

左は、Martin MSP4000 92/8 Phosphor Bronze Extra Light

右は、Martin MSPHT10 92/8 Phosphor Bronze High Tuning

エキストラ・ライトゲージを主弦として張り、ナッシュビル・チューニング用の弦を副弦として張ります。

ただし、ナッシュビル・チューニング用は、2弦と4弦を逆にします。

Cimg8607

MSPHT10はご覧のとおり2弦用が.012、4弦用が.013です。

しかしながら、12弦ギター(ナッシュビル・チューニングも同じですが)の場合、副弦はBの2弦よりDの4弦の方が1音半も高音なのです。

そう考えると、逆にした方が自然です。むしろ、2弦には.014ぐらい欲しいところです。

ユニゾンの2コースですが、結果として.014と.013の組み合わせになります。これはこれで、なかなか乙なものではないかと。

そしていつものように、、、、

Cimg8608

よし、張るぞ!と意気込むまでは良かったのですが、ここで「事件」が勃発。

Cimg8609

あちゃあ。。。やっちまったよ。

ここは6コースの副弦でなくてはいけないのに。ああ。。。何てことを。

しかも、一発目から。ダブリー一発ツモ。満貫?(笑)

いや、笑ってる場合ではないですね。

フォスファーの巻き弦、.047。

こんなのバラ弦で持ってるはずないですよ。・・・・と思ったら、なぜかありました。ただし、ブロンズ弦。

相当古い。いつのか分かりませんが、軽く5、6年は経っていると思います。

今度都会に行ったとき、フォスファーのバラ弦.047を買ってくるとして。

取り敢えずは繋ぎで張っておくしかありません。

Cimg8612

色も違いますし。音も違いますが、まあ、12弦の和音で誤魔化すしかありませんね。

失敗続きの一日でした。

夕方、イエローハットで車のタイヤをスタッドレスタイヤに交換してきました。春と初冬のルーティンです。

2017年10月20日 (金)

出てますよー

ついつい目が行ってしまうのです。

「見るだけ~」のヤフオク。

Guild D44Mが出てました。

441

残り5日で、どのような値が付くのか、注目です。

裏板と側板は、惚れ惚れするようなカーリー・メイプル。

442

ネックはマホガニー。私のメイプルネックより一世代前であることがわかります。

443

Tuning Machines は、Schaller製のGuild純正品。これも私のとは違います。

444

そして、このピックガード。

445

やはりブラックがいいですね。このピックガードに鼈甲柄などは似合いません。

しかしながら。。。。

446

あちゃあ・・・。

「マーチンクラック」ですね。(Martinではないのですが)

70年代のGuildは、Martinと同じ塗り込みピックガードが主流なのです。

それでも本家・Martinほどピックガードが縮まず、割れてしまうのは少ないようなのですが、これは派手ですね。

説明ではブリッジも浮いているということですし、けっこう修理代が掛かりそうです。

私も気を付けないと。。。

2017年10月18日 (水)

揺れる想い

とは言っても、坂井泉水さんの歌ではないんです。

ハイ、YAMAHA L-15。

Cimg8533

やはりですね。

こうして弾いてしまうと、そこはブラジリアン・ローズウッド、「うーん、いい音!」となっちゃうわけで。

Cimg8532

「手放すには惜しい。これだけの状態の物は、もうあの値段では絶対に手に入らないし・・・」

などと思ってしまうわけで。

手放すのはいつでもできますし。

と思って片付けを始めた途端、「プツッ」・・・。

Cimg8573

ありゃあ。。。4弦が・・・。

べろーんと。

Cimg8574

こんなことに、、、。

Cimg8575

4弦なんて珍しいのですが、私はけっこう切ってます。

しかも、弦を緩めるときが多いですね。

何も悪いことしてないんですけどね。。。。

2017年10月15日 (日)

「あいつ」をナッシュビル・チューニングで

久々の登場、Guild D55。

Cimg8217

ナッシュビル・チューニングのレパートリーも、不動のメンバー。

「22才の別れ」

「あいつ」

「なごり雪」

の正やんシリーズはもちろんのこと、

「あの素晴しい愛をもう一度」

「秋止符」

「歳時記」

などなどなど。。。。

Cimg8219

Guild D55 ナッシュビル・チューニングのキラキラ感が、ホント、堪りません。

ということで、今回はこれ。

https://youtu.be/YSM4BT3benc

いつものように、下手っぴなのはご容赦ください。(笑)

2番でミスしたため、フェイドアウトしています。やり直す気力が、、、、ちょっと、、、、。

これ、雑音ひどいですけど貴重な動画です。

こんなももありました。

なんと、イルカさんも歌ってました。

ファースト・アルバム「イルカの世界」というアルバムに入っているようです。

そんな日曜日をゆったりと過ごしました。

«「あの素晴しい愛をもう一度」再チャレンジ