2017年9月19日 (火)

こんなの買っちゃいました

Cimg8463

のっけからドカーン!と。

スゴイ本買っちゃいました。

The MARTIN D-45 and More

という本です。

プレイヤー・コーポレーションの『Player』別冊、9,936円。

でかいのなんの。B4判です。

分厚いのなんの。こんな感じ。

Cimg8464

ノギスで測ったところ、27.7mm!

こちら背表紙。

Cimg8469

裏表紙です。

Cimg8468

ハードカバーを開いてみます。

Cimg8466

写真が挟まっています。

裏返してみると、、、、。

Cimg8467

切り離すと葉書になるようです。まあ、使いませんな・・・。(笑)

ということで、これからゆっくりと読んでみたいと思います。

とにかくスゴイ・・・。

2017年9月18日 (月)

台風の中、考えたこと

こちらにも来ましたよ。台風18号。昨日の秋晴れとは打って変わって。

「芭蕉野分して盥に雨を聞く夜哉」

現在、暴風警報、大雨洪水雷注意報。たぶん、間もなく大雨警報。

台風の度に、多くの方が亡くなられ、ただただご冥福をお祈りするばかりです。

そんな中、考えたこと。

「やはり、Martin D-18を手にしよう!」

一度きりの人生。疾うの昔に折り返しを過ぎ、いつどうなってもおかしくない年齢。

無事に定年を迎えられる自信は、まったくありません。

「ついにか!」

と覚悟して病院に掛かることも何度もありました。

であれば。ということで、今日はターゲットを絞りました。

Martin D-28がBirth yearの「1962」ならば、D-18は「1950年代」で行こう!

ということで、早速ピックアップ。

(1)1957年 918,000円

D18_1

(2)1952年 896,400円

D18_2

(3)1952年 864,000円

D18_3

(4)1951年 756,000円

D18_4

 これらは候補ではありますが、「この中から」とは考えていません。というより、「今、出ている物」って、あまり好きではないのです。

 D-28(1962)の時のように、何件かのショップに注文し、「ネットに出す前」に連絡をしていただくことにします。

 私の条件としては、「クラック歴なし」だけです。あとは、購入してからなるべく再整備しなくて済むこと、でしょうか。

 ・・・・と、宣言したのはいいのですが、「お値段」を目の当たりにして、ちょっぴり血の気が引いています。(笑)

 新品で買ったD-18を手放したのは、2年半前。D-18GEを手放したのは、半年前。

 マホガニーのない世界というのは、やはり寂しいもの。

 年末に向けて、そろそろ・・・。

2017年9月17日 (日)

Guild G-312stdに舌鼓

今日はお天道様が満開。

気温は10度台ですが、すばらしい日差しに思わず半袖プレイ。

Img_0407

Guild G-312stdを話題にするのは半年ぶりなのですが、そのときは、、、

Img_0445

ハイ、弦の交換情報でした。

その間、一度も弦が切れず。また、錆びることもなく。

このとおり。

Cimg8448

Elixirのすごさ、よく分かります。「切れず。錆びず」であれば、助かりますよね。

Img_0409

12弦ギターを抱えて、真っ先に弾く曲。

それは、

https://www.youtube.com/watch?v=KivFz3gi-ic

定番になってます。

Img_0408

しかしながら、失敗したのはブロンズ弦にしてしまったこと。

あくまでも好みでしかありませんが、フォスファー・ブロンズの方が音色的には好きなんですね。

まあ、次はね。

Img_0410

2017年9月16日 (土)

新しい弦で

まあ、何を書いても久しぶりの話題ということになるのですが。

Martin D-28(1962)。

5月以来の弦交換でした。

Cimg8450

切れてから、半月ぐらいは弾いていなかったかな。。。

土日の度に、何のかんのと所用があって。

Cimg8452

しばらくぶりに晴れた3連休初日。

張りました。

Cimg8454

いつも、すべての弦をブリッジピンで固定してから、「6→5→4→1→2→3」の順に張ります。このあたり、皆さん同じなんですかね。

そして、こちら1弦。

Cimg8459

何回ぐらい巻いてるかな。8巻きぐらいでしょうか。

3弦も、

Cimg8457

こちらは6巻きぐらいですね。

他は2~3巻きぐらいです。切れやすい弦だけ、たくさん巻きます。

理由はよく分かりませんが、不思議なことに切れにくくなります。

今回の弦も、Martin MSP4100。

Cimg8460

弦の袋に、交換した日付を書いてハードケースに入れておきます。

これで、いつ交換したかが分かります。

2017年9月14日 (木)

Martin D-76 初めて知ったこと

風の又三郞さんの愛器、Martin D-76。

出ていましたよ。

D76

なんとなんと!

129人の入札があり、449,000円での落札でした!

よんじゅうよんまんきゅうせんえん!

又三郎さんがギターショップで購入した金額よりも、かなりの高額です。

ヴィンテージが、短期間にもかかわらず、それだけ高騰しているということなのですね。

D761

こちらバックです。

D762

実はですね。これらの写真をまじまじと見て、初めて気付いたことがありました。

今更なのですが、、、、。

「サウンドホールの周りもヘリンボーンになっている」

うーむ。見れども見えず。あれども見えず。

スリーピース・バックを見ていたら、何だか手放したMartin D-35がまた欲しくなってきました。

いかんいかん。。。

(すいません。今日も紹介だけで終わっちゃいました)

2017年9月 6日 (水)

私の初めてのギター

中学生の時。

昭和53年頃だったかな。。。。我が儘言って買ってもらったギター。

そして、いつの間にかどこかに行ってしまったギター。

Morris W-30。

数字のとおり、3万円でした。

今、いくつか出ていますね。

W301

40年も経っている割には、けっこうな価格ですよね。

ただ、私の記憶なんて当てにはならないのですが、ボディ周りにこんなきれいな飾りがあったかなあ。。。

W302

これ、ホントですか。定価超えてますよ。信じられない。。。

W303

これが最安値なのですが、相場なんですかね。

それにしても、よくぞ保管していましたよね。

W305

これもきれい。ハードケースまで付いています。

南こうせつさんは、売れていない頃に使っていて、すでに手放してしまった YAMAHA FG-180 を、あとからまた中古の物を買ったそうです。思い出として。

私は、、、また買おうとは思わないですね。(笑)

さて、皆さんの初ギターは如何に。

2017年9月 5日 (火)

またピックが。。。。

ホント、自己嫌悪に陥りますね。

こんな程度の更新では、だめですよね。

それはともかくとして。。。

Cimg8447

またやっちゃいました。

ストローク、最近練習しているのです。

まあ、パンダさんの「眼をとじて」だけですけど。

ここまで使えば本望ですね。

ストロークしていると、けっこうリズムに乗れて気持ちいいものです。

これからは、なるべく多く更新していきます。

2017年8月19日 (土)

夏も終わり。。。

生きてます。(笑)

まあ、今のところは。

夏も終わりましたね。東京でも気温が低いとかで。

こちろは、もう最高気温が10度台に突入しています。

しばらく更新ができていませんでした。いろいろハプニングもあって。(と言い訳をして)

Martin D-45(1975)。

Cimg8389

やはり、この指板まわりの装飾にうっとりします。D-41では満足できないんですよね。

音色にも、満足しています。

折も折、こんなのが出ていますね。

Come

Martin D-45 Commemorative(2013)。¥1,000,000 (税込¥1,080,000)です。

TOP: Solid Adirondack Spruce

SIDE&BACK: Solid Madagascar Rosewood

というスペックですから、すごいですよね。しかも、ロングサドルでカッコいい。

それに、中古にもかかわらずこの価格!

しばしばさんのギターです。

Martin D-45(1975)購入前だったら、私はこれに走っていたかも知れません。

2017年7月23日 (日)

Martin D-45 内部探訪

ハイ。

Cimg8424

今日はですね。ご覧のとおり、体内です。

まずはエンドブロック部分。

Cimg8426

正直、汚い。。。。

まあ、いろんな歴史があったのだと思いますが。エンドブロックのシミは何ですかね。水に浸かったのか。

黒いのは、まさかカビでは。。。

表板と側板の接合部分からは、接着剤のような物がはみ出しています。

こちらは、左の側板。布製割れ止めがびっしりと貼られています。

Cimg8427

右側。側板の木目がよく分かります。

Cimg8428

これは、左肩の部分。この辺りはきれいですね。

Cimg8429

右肩です。

Cimg8430

ローズウッド製ブリッジプレート。鏡に映してみました。やや減り気味ですね。

Cimg8433

エンドボール、食い込んでいるような、いないような。

Cimg8438

裏板の中央に焼き入れられたブランドスタンプ。

Cimg8434

ノンスキャロップドの力木がきれいです。力強さを感じますね。

Cimg8435

さて、内部は如何なものでしょうか。

2017年7月18日 (火)

ポツポツと出るものですね。

YAMAHA L-15。

また出ています。

L157181

今度はいくらまで行きますかね。

説明では、

L157182

ということですので、うーん、私なら札を入れないですね。

とはいえ、数が少ないですから。しかも、70年代の前期型。

そこそこは行くのではないでしょうか。

ということで、我がYAMAHA L-15。

Cimg8332

まずまず現状に満足しています。

割れもないし。

Cimg8331

下手くそですが。。。

«ついに来ました その2