2018年2月17日 (土)

Martin D-18 「残念なところ」その2

これもですね、やはり気にしなければたいしたことでもないかとは思いますが、、、。

というより、私はそれでも購入したわけですから、大して気にしていないということなのだろうと思います。

こちら。

Cimg8771

これは、ネックリセットの跡ですね。

こんな跡が残るようでは、ちょっとプロとは言えないですね。

ズバリ、下手くそなリペアマンの手にかかってしまったということです。

うーん。

まあ、「だからこそ安かった」訳で、「値段分」と思えば仕方ないかな、と。

これでネックがガタつくわけではないので、見なければいいか、と。

ということで、「残念なところ」その2でした。

2018年2月16日 (金)

Martin D-18 「残念なところ」その1

「たいしたことないでしょ!」

そんなこうも聞こえてきそうです。

もちろん、私的には「まあ、いいんでない?」ですけれど。

こちら。

Cimg8772

あ、ウェザーチェックではありません。

むしろ、ウェザーチェックのシブさが大好きです。

「残念なところ」は、そうです、バインディングと側板が面一になっていないところ。

このあたりはバインディングの経年変化ですし、仕方ないところなのでしょうか。。。。

2018年2月12日 (月)

ようやく「マホガニー」がやってきました

長く待ち焦がれました。

「1950年代のMartin D-18を目指します!」

と宣言したのはよいのですが、そうそう上手い具合にいくはずもなく。

しかし、、、、。

Cimg8764

寒い冬に、ついに「貼る」もとい、「春」が。ついに。

Cimg8765

この塗装クラック。ウェザーチェックと言うそうですが。「ウェザーチェック」の語源はわかりません。

実は、いろいろ残念なところのある個体です。

依頼していたショップからは、「こんなのが入りましたが、どうしますか?」という打診がありましたが、大変安かったので、手に入れました。

「残念なところ」は、私としては「まあ、いいんでない?」という感じでしたので。

1950年代のMartin D-18。

私よりも年長。長幼の序を弁えなくては。(笑)

「残念なところ」も含めて、少しずつ紹介していきます。

2018年2月 6日 (火)

こんな日は・・・

今日は、日中の最高気温が氷点下10度以下。

この冬一番の寒い日でした。

ここまで来ると、降ってくるのは「雪」ではありません。

「氷」です。細かい「氷」が降ってくるのです。

Cimg8839

光っているのが分かるでしょうか。

ですから、ものすごく軽く、サラサラです。吹けば飛ぶような、ではなく、吹けば飛びます。(笑)

そんな日は、ハイ、我が愛器Martin D-28(1962)の出番ですね。

Cimg8506

「乾いた雪」に対応して、56年を経たブラジリアン・ローズウッドの「乾いた音色」。

Cimg8509

合いますね~。

Cimg8707

ですが、気温も湿度もまだまだ下がります。

それでも、今年は雪が少なくて助かります。

2018年2月 4日 (日)

これはちょっと・・・

いやはや、自分がいやになりましたね。

机の中を漁ってみたら、想定外の事態が進行していました。

こちら。

Cimg8796

何やってんだろ、オレ。。。

こんなに買っていたとは。。。

一生分は軽くあります。お釣り来るレベル。

定番?Martin。

Cimg8826

「L」というのは、多分「Light」。読みにくいですが、「.46mm」とあります。つまり0.46mmの厚さですね。

Mavis?読めませんが。ブツブツの滑り止め付きです。

Cimg8820

「T」というのは、「THIN」のことですね。私は基本、薄いのばかりを使っています。

これは、同じメーカーの「M」。Mediumです。

Cimg8821

FERNANDES。0.6mmというのは、厚さだと思います。THIN相当の厚さです。

ブツブツの滑り止め付き。

Cimg8832

同じくFERNANDESですが、こちらはMedium。

Cimg8838

真ん中の黒い部分は、滑り止めです。何も黒にしなくたってね。。。。ちょっとダサい?

Ibanez。ギターメーカーでしたかね。珍しく、Medium。

ブツブツの滑り止め付き。

Cimg8833

PLANET WAVESのLight。0.50mmと書いてあります。

Cimg8827

こちらはHISTORY兄弟。裏と表で書いてあることが違います。

文字の部分が滑り止めになっています。

Cimg8815

いずれもTHINです。

Cimg8823

変わったところでは、これ。

HERCOのLIGHTとあります。

Cimg8814

親指を巻いてくれるので、落とす心配がありません。フラット面に小さな穴が空いていますが、これが滑り止めになっています。

まあ、、、、、。

いろいろ試したんですよね。健気にも。(笑)

結局、一番使いやすいのは、HISTORYのしずく型。

当初はおにぎり型使っていましたが、持ちやすさではしずく型がしっくりきます。

ただ、こういうのは人それぞれの好みですから。

絶対条件としては、滑り止めですね。何せ、年とともに体が乾いてますから。(笑)

2018年2月 3日 (土)

うーん。やはり12弦。

休日の12弦ギター。

Guild G-312std。

Cimg8792

なぜ「G」なのかは、Guildのサイトによれば当のGuildも知らないのだとか。

この謎は、永遠の謎となっています。

それはさておき。

ホント、飯尾としてます、もとい、いい音してます。

「あの素晴しい愛をもう一度」

「歳時記」

「ホームにて」

「海岸通」

「なごり雪」

「あいつ」

まあ、レパートリーは、かなりナッシュビル・チューニングと重なりますが。

気持ちよい響きでした。

ヘッドの裏を見ると、運動会のムカデ競走を思い出します。(笑)

Cimg8523

「Guild」ロゴも、ちゃんと貝を埋め込んでいるのですからたいしたものです。

Cimg8672

こんなのを見つけました。

G312capture

L.R/Baggs LYRIC マイク+プリアンプ付きで、¥162,000 税込。しかも、送料無料。

どうですか、又三郎さん!(いやいや、その前に70年代Martin D-45でしたね)

うーん。私が欲しいくらい。(笑)

2018年1月31日 (水)

やはりキラキラ感がいいなあ

たまにしか弾きませんが。

Cimg8688

ナッシュビル・チューニングのキラキラ感は不滅です。

Cimg8691

弦が切れやすいので、いつも慎重にチューニングし、慎重に緩めています。

これは定番ですね。

こちらは石川鷹彦さん。

これ以外にも、

「歳時記」

「あの素晴しい愛をもう一度」

「なごり雪」

「秋止符」

も最高です。

ぜひ、一家に一台ナッシュビル・チューニング。

2018年1月30日 (火)

寒波の夜は

今年一番ですかね、この寒さ。

まあ、1月末ですから。然も有りなむ。

そんな夜は。。。

Cimg8489

これで心を温かく。且つ、部屋も暖かく。

Cimg8492

やはり、「縦ロゴ」は一家に一台。(笑)

いや、何台あってもいい。

神田川。

久しぶりに、秋止符。

ときどき、海。

たまに、眼をとじて。

2018年1月28日 (日)

(またもや)久々・・・

すっかりサボってましたね。

1月ももう終わるというのに。今月未更新。

ダメだこりゃ。

私の今年の目標は、できるだけ更新する、ということにします。

せめて、去年以上。(と言っても、去年何回更新したかはわかりません(笑))

・・・・などと言いながら、YAMAHA L-15を磨いていました。

Cimg8536

去年の1月でしたからね、ひょんなことから手に入れたのは。

ブラジリアン・ローズウッドではありますが、如何にもYAMAHAという音色のL-15。

多分。。。。カタログでは「高級ハカランダ」という材ではありますが、当時の価格と現在の実勢価格から考えると、実際はそんなに「高級」ではなかったのではないか・・・そんな気がします。

ふとそんなことを思った一日でした。

2017年12月31日 (日)

今年も暮れていきます

年末はね、やはり超多忙の日々。

結局、12月は更新もままならず。

29日に仕事を納めるまで、心安まりませんでした。

昨日、単身赴任先から規制、もとい、帰省。(まあ、「規制」は多いですかね。自宅の方が。何かと。(笑))

Cimg8506

来年もまた、Martin D-28(1962)を軸に、下手っぴな音色を奏でていきたいと思います。

皆さんには、たくさんたくさんコメントをいただきました。

来年もよろしくお願いいたします。

«過ぎたるは猶及ばざるが如し

最近のトラックバック