2017年6月16日 (金)

Brazilian rosewood兄弟

今日もまた、寒い一日です。

Cimg8383

6月も半ばだというのに、ほとんど毎日こんな状況。

気温1桁。あるいは10度台前半。

20度超えたのは、何日かあったか。。。

今夜も電気毛布入れて寝ます。

それはそれとして。

我がMartin D-28とYAMAHA L-15。

Cimg8339

Brazilian rosewood兄弟。

Cimg8340

音色を比べてみました。

先日、YAMAHA L-15について、「うーん。いい音色。」と書きました。

もちろん、それに嘘偽りはありません。

が、こうして比べてしまうと、、、、、圧勝ですよね。Martin D-28(1962)の。

価格差が5倍として、音色はどうかというと、それ以上。10倍、15倍、いや、測れません。比べものにならない、というのが結論です。

そう考えますと、意外や意外、Martin D-28(1962)はコストパフォーマンスが良いということになります。

Img_0503

Brazilian rosewood。

ハカランダ。

Img_0518

Martinは、はるかに良い材を使っている・・・ということなんですね、やはり。

2017年6月14日 (水)

カポタスト考

もう、完全にJIM DUNLOP Johnny Cash Capoに移行してしまいましたね。

Cimg8358

どのフレットでも、これです。

Cimg8360

以前は、3フレット以上の時はNSカポを使っていたのですが、今はもう使いません。

Cimg8363

なぜかと言いますと、理由は一つなんです。

「楽だから」

何が楽かというと、ネジを巻くのに必要な力がまったく違うのです。

Cashカポの楽なこと。

もちろん、機能的には、どちらも同じだと思うのです。

Cimg8365

ということで、決着つきました。

JIM DUNLOP Johnny Cash Capoの逆転勝ち!

2017年6月13日 (火)

紹介サイトではありませんけど(笑)

別にね。

紹介サイトではないんですよ。

でも、気になるじゃないですか。自分が持っているギターって。

こちら、YAMAHA L-15後期型が出ています。

Yl15

○○オクです。税込138,240円ですが、今のところ入札がありません。

状態は「それなり」ですが、まあ、この値段なら、ね。

というのも。

Capture_l15

こちらは税込で248,000円です。

「グッドコンディション」とのことですから、これも「それなり」なのでしょう。

しかしながら、私の持っている「前期型」とはけっこうスペックが違います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  【前期型】

  胴型:ヤマハ・オリジナルウエスタンタイプ

  表板:高級蝦夷松単板

  裏・側板:高級ハカランダ単板(裏板3ピース)

  竿:アフリカンマホガニー

  指板・下駒:黒檀

  弦長:651mm

  糸巻き:TM50G

  【後期型】

  胴型:ヤマハ・オリジナルジャンボタイプ

  表板:蝦夷松単板

  裏・側板:ハカランダ単板(裏板3ピース)

  竿:マホガニー

  指板・下駒:黒檀

  弦長:651mm

  糸巻き:TM30G

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

かなり違いますね。「違う機種」と言っても過言ではありません。

ん?後期型の木材スペック、どこかで見た・・・・。

ハイ。L-10のそれです。

つまり、後期型ではL-10が名前だけL-15に「昇格」していたわけです。

では、後期型のL-10は?裏・側板が「パリサンドル単板」となっています。つまり、「格下げ」ですね。

このあたり、YAMAHAもわかりにくいことしますね。

ということで、

Cimg8331

我が愛するYAMAHA L-15前期型。

Cimg8332

うーん。いい音色。

2017年6月 6日 (火)

また出てますね。

「一生手放さない」愛器、Guild D44M。

Cimg8201

話題にするのは久々。

Cimg8199

何度も書いていますが、高音弦のキラキラ感は最高です。

70年代メイプルの味でしょう。。。。。いや、同じ70年代メイプルでも、Gibson DOVEはどうなんでしょうね。人気ないですからね、70年代DOVEは。

そんなGuild D44M。

Gd44

出たばかりみたいですね。

写真では、大変きれいな個体です。

しかも、「この楽器のインナーラベルにはD-44と記載されていますが、44Mとはフィニッシュカラーの色違い仕様です」とのこと。

たしかに、全身黄金色のD44Mと違います。型番も違うんですね。(私の推測では、「M」を書き忘れたのではないか。。。。)

私のと同じ77年製なのにTuning machineも違いますし。

いずれにしても、216,000円。これは買いでしょう!(私は持っていますから買いません)

2017年6月 4日 (日)

YAMAHA L-15 こんなところに落とし穴

YAMAHA L-10、\172,800(税込)はすでにHoldになっています。

YAMAHA L-15とは、どご違うのか?

YAMAHAの同時のカタログによると、違いは3点。

----------------------------------------

1.表板

  L-10 蝦夷松単板

  L-15 高級蝦夷松単板

2.裏/側板

  L-10 ハカランダ単板

  L-15 高級ハカランダ単板(3ピース)

3.ポジションマーク

  L-10 5・7・9・12・15フレットにシングル

  L-15 3・7・15フレットにシングル/5・9フレットにダブル/12フレットにトリプル

----------------------------------------

大きな違いがありますね。

同じハカランダでも、「並」と「高級」ですからね。これは、かなりの違いがあるだろうと思います。

そんなこんなで、今日はYAMAHA L-15。

Cimg8330

鳴りは抜群です。

Cimg8198

しかしながら。。。。

落とし穴発見。

うーん。これです。

Cimg8335

・・・。フレットの端がね、浮いているのですよ。しかも、何か所も。

弾いていて違和感はないのですが、ちょっとね。。

さて、どうしたものか。

このような場合、フレットすべて打ち替えになるのか。それとも当該箇所だけでいいのか。

けっこうな出費になるのかな。。。(泣)

あるいは、当面このままにしておくか。

悩みどころです。

2017年6月 3日 (土)

どうなんスかね、これ。

寒い日が続いております。

今日も一日中ストーブ焚きっぱなしでした。

ブルブル。。。。

それはともかくとして、これ。

Hi1

Gibson LTD Hummingbird Quilt Maple (Iguana Burst)。

まあ、蓼食う虫も好き好き。

ではありますが、、、、。

私はね、緑色は好きなんですよ。

しかし、選りに選って名前が「イグアナ」。。。。。

Hi2

連想しちゃってダメですね。(笑)

しかも、普通なら最高級のキルトメイプルが、イグアナの腹みたいで、余計に。。

Hi3

いや、これがね、キルトではなくて普通のメイプルだったら、「ふーん、いいんじゃない」となったかもね。もちろん、名前も「イグアナ」じゃなくて「新緑」とかだったらね。

もちろん、蓼食う虫も好き好き。これはこれで好きな人も少なくないと思います。

このサイトにも「悶絶必至!」と書いてありましたからね。(笑)

が、私のセンスでは、、、、でしょうか。確かに悶絶しちゃいました。わ

・・・という、いろいろ寒くなってしまった土曜日。

因みに、予報では、明日も最高気温が7度ぐらいの見込み。

そろそろ暖かくなって欲しいですね。

2017年5月29日 (月)

これは珍しい

今日は、紹介です。

あ、もちろん、回し者ではありません。ただただ、珍しいので。(笑)

D461

Guild D46。

バックはこんな感じです。

D462

アッシュという材とのこと。初めて聞く材なので、どんなものなのか見当も付きません。

しかし、、、。Guildというのは、ペアウッドのD44があったり、変わった材を使いますね。

(ある方からの情報では、某店で売っているペアウッドのD44を試奏したところ、「超絶しょっぼ!」の音だったそうな)

Guildファンとしては興味はありますが、お値段的に困難ですね。「美しい十代」なら、もしかしたら、、、、ですけど。

2017年5月28日 (日)

これまた久々のナッシュビル・チューニング

午前中は我慢していたのですが、、、、やはりストーブを焚いてしまいました。。。。

それはともかくとして。

Guild D55は、ナッシュビル・チューニング専用器。

Cimg8219

言葉では表現できない音色が、また格別なのです。キラキラ感が堪りません。

Cimg8215

レパートリーは、

「22才の別れ」

「海岸通」

「なごり雪」

「あいつ」

「歳時記」

などなど。なぜか正やんの曲が多いですね。

今日も気持ちよく弾きました。

さて、

Cimg8324

サドルです。

ナッシュビル・チューニングの場合、レギュラー・チューニングと同じサドルでは弦高が低くなってしまってビリビリしてしまう場合があります。

(それにしても、細かい埃が付いてますね。こうして拡大しないと分かりませんが。ピックガードの縁は、ピックガードを貼り付けている両面テープにゴミが付いてしまうんですよね。皆さんはどうしてますか)

Cimg8325

それで、私はこんな高々としたサドルを装着しています。もちろんナッシュビル・チューニング専用です。レギュラー・チューニング用は別にあります。

Cimg8328

うーむ。高い。

こんな感じです。

Cimg8327

弦高は、

Cimg8214

いいところですね。

2017年5月27日 (土)

サボってばかり・・・

今月も更新サボってばかりいました。

5月はね、何だか忙しいんですね、毎年。出張続きで、支店に出勤したのは半分ぐらいでしょうか。

そのせいもあって、ギターにもなかなか触れず。

久しぶりに休めた今日は、、、、。

ハイ、Martin D-28(1962)。

Img_0498

ワイルドな木目にウットリ。

Img_0502

ヘッドもね。

Img_0516

それにしても、まだまだ寒い日々。赤い炎に癒やされます。

Cimg8319

今日の最高気温は、10度以下でしょうか。ストーブと電気毛布は、軟弱な私にとって必需品。

こんなの見つけました。

Https___wwwdolphingtco

YAMAHAのL-10ですか。

¥172,800(税込)。

うーん。確かに「Side & Back Solid Jacaranda」ではありますが。

やはり高騰しているのでしょうね。L-15が滅多に出ませんから、その代替機種という意味合いもあるのかと思います。

2017年5月 4日 (木)

またスゴイのが。。。

取り敢えずの情報。と言っても、もう古くなっちゃいましたが。

またスゴイのが出てましたよ。(過去形)

Capture_window

これです。

F

Kaoruギターですよ。「Rush」という機種です。

Kaoruギターと言えば、石川鷹彦さんで有名。

スペックは、

TOP: Solid Cedar

SIDE&BACK: Solid Indian Rosewood (3-piece Back)

NECK: Mahogany

FINGER BOARD: Ebony

BRIDGE: Ebony

TRIM: Black & Wihte

ROSSETTE: Abalone

PICK GUARD COLOR: Tortoise Color

POSITION MARK: Diamond

TUNER: Schaller Gold

NUT WIDTH: 43mm

SCALE: 645mm

Cedarトップに3-piece Backですから、まさに石川鷹彦さんのと同じ。

このサイトはほぼ毎日チェックしているのですが、敵も然る者、その間隙を縫って?あっという間に「Hold」になっていました。

まあ、中古にもかかわらず¥680,000(税込¥734,400)ですから、Martin D-45以上ですよね。とてもとても、手が出ません。

ただ、折角ですから記念に画像を貼り付けておきます。

まずは表側。

Bf

裏板はこんな感じです。

Bb

バックの全体像。

B

ヘッドです。

Hf

この「K」というのがシンプルでいいですね。

Tuning machineは、SchallerのGold。

Hb

右サイド。

R

左サイドはこちら。

L

うーん。欲しい。。。。けど、ここはキッパリと諦めます。(もうHoldされてるし)

«復活!Martin D-28(1962)